So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
てぃくる ブログトップ
前の10件 | -

てぃくる 439 怪物扱いはやめて! [てぃくる]


「俺たち、見栄えが悪いだけで、中身普通やん」

「バケモノ扱いされるのは心外だよな」

「どうする? マスコミに露出して、公式に抗議するか?」

「でも、下手に顔出すと、ますますバケモノ扱いされるかも」

「そうだけどよー。この顔で、路地裏から、ちょっといいですかーって出てってみ?」

「逃げられるな」

「ああ、悲鳴あげて逃げられる」

「そしたら、バケモノってだけじゃなくて、変質者じゃん!」

「なにもしてないのに……」

「世の中、不公平だ!」

「そうだそうだ!」



num.jpg


 チチアワタケだと思うんですが、確かにあまり見栄えのいい個体ではありません。
 まあ、あまり見栄えを問う人もいないと思うので、そのままひっそりお過ごしください。(^m^)

 ちなみに。
 こいつは食用にされることもあるんですが、人によってはアタるようで。わたしもダメなんですよ。確実にお腹を下してしまいます。
 同じマツ林に発生するきのこでも、アミタケやヌメリイグチは全然平気なんですが、チチアワタケはダメなんですよね。(^^;;

 チチアワタケが属するイグチの仲間は典型的な夏きのこが多く、初夏から初秋にかけてが採取シーズンになります。大型になるきのこが多いので、採取しがいがありますね。ただし、要注意のグループでもあります。

 イグチ類は、これまで安全なきのこばかりだと言われてきましたが、ドクヤマドリ、バライロウラベニイロガワリ、ミカワクロアミアシイグチなど大関クラスの毒キノコが次々報告されるようになりました。採取や摂食の際には慎重に同定し、図鑑は最新のものを参照するようにしてください。古い図鑑では、現在毒キノコとして扱われているものが食になっていることがありますので。(^^;;






  照らし合ふ顔見て易し肝試し






Love Love Love by Of Monsters And Men



nice!(58)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 438 ばち [てぃくる]


「どうした? すごく悩んでいるようだが」

「うん。俺はどっちだろうなあと思って」

「どっち……って?」

「ばちがあたる、か。ばちをあてる、か」

「は?」

「俺がばちなら、ぶつかったやつにばちをあてる」

「おう」

「でも、俺がばちでなければ、ぶつかった俺がばちにあたる」

「まあ、あんまり考え込むな。ばちがどうのこうのという以前に」

「うむ」

「おまえは木の実だ。ぶつかることも、ぶつかられることもないよ」



sy.jpg

(ソヨゴの未熟果)





 ばち。
 実は表記が複数あります。

 弦をはじいたり太鼓を叩いたりする撥。
 天罰を示唆する罰。

 蜂や鉢も、前に形容語がつくと濁って『ばち』になりますね。
 駄温鉢、スズメバチ……のように。

 文脈の中では意識せずに区別していますが、ある部分だけを取り出すと彼のように悩むことになります。(^^;;

 まあ、あまり考え込まないで、ばちばちばっちこーいと行きますか。(^m^)





  罰当たりばかりたかるや誘蛾灯






Bang The Drum All Day by Todd Rundgren



nice!(68)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 437 顔色が悪い [てぃくる]


「あんた、顔色悪いで。ずっと下向いてるし」

「そういうあんたもやないか」

「藤ぃ言うてん、とっくに季節過ぎとるしな。わぃら頑張りすぎたんか」

「そうかもしれへんな」



natf.jpg



ちがうし!





 ニワフジです。
 山野にも自生している植物ですが園芸品種がいろいろあり、花色は白、桃、紅紫色とバリエーションがあります。

 画像のは桃色の品種ということになりますね。
 # 顔色が悪いわけではありません。(^m^)

 フジとついていますが藤の仲間ではなく、コマツナギに近い仲間になります。
 花期は初夏から夏にかけてで、藤とは重なりません。(^^;;





  暑気当たり食べるものみな湯に見えて






Breezin by FreeTempo



nice!(70)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 436 波紋が広がる [てぃくる]


小さな言葉がぽとりと落ちて
波紋を広げた

それは

汚い言葉でも
尖った言葉でも
危険な言葉でもない

ごくごく普通に交わされる言葉だった

だが
その言葉は心に納まらなかった
跳ね返って
ぽんと地面に落ちてしまった

そこから
小さな波紋が広がり始めた

波紋の中心にあったはずの言葉は
もうどこにも残ってない

ただ
波紋だけが

誰も止めることができずに
広がってゆく


nw.jpg

(ニオイワチチタケ)




 言った本人すら忘れている言葉が、どこかで一人歩きすることがあります。
 それはとても怖いことなんですが、どんなに注意深く言葉を使っているつもりでも波紋を起こさないという保証はないんです。

 波紋を起こさないようにする。
 それを徒らに追求するよりも、波紋の行方と広がりを注視した方がよいのかもしれません。
 普通、波紋は広がるにつれて弱く穏やかになり、いずれ消えるのですから。





  水鏡尾を打つ蜻蛉輪に括る






Wave After Wave by IONA



nice!(73)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 435 影になり、影を作る [てぃくる]



日陰にあって 影を受け



影を透かして 陰を作る



kar.jpg
(カラムシ)






 関西でも梅雨明けが近づいて、じわじわと暑さが押し寄せてきました。
 みなさま、熱中症には十分ご用心くださいまし。

 緑陰は日向よりは涼しいですが、大気まで冷やしてくれるわけではありません。
 日陰を過信なさらないよう、くれぐれもご自愛のほどを。





  緑陰に無人の椅子のぽつねんと






The Old Shade Tree by Chris Thile & Brad Mehldau



nice!(75)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 434 地上の星 [てぃくる]


君は僕のことを星だと言う

違うよ

地面の上に星はない



僕は星を写さない

僕は星が何かを知らないもの


僕には星が映らない

僕は鏡なんかじゃないからね


僕は星を移せない

小さな僕にはそんなの無理だよ



僕は小さく地の底で咲く

君には星に見えたのかい?

それなら僕をそんな風に見ないで

自分が星になったらいいよ


地の底で



kn.jpg




 コナスビの小さな花。
 ナスビと付いていますが、サクラソウ科です。

 グラウンドカバー用に類縁の園芸種が使われていますね。
 コナスビはご存知なくても、リシマキアはご存知の方が多いんじゃないかと。

 コナスビの花。
 五裂している花弁が多いですが、かなり変異があります。

 もし見かけたら、その個性を見てあげてください。(^^)





  自採りして茄子に棘あることを知る






Starbird by The Manfred Mann's Earth Band



nice!(76)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 433 買い物が下手 [てぃくる]



hb.jpg


「どうしてこない細っこいバナナ買うてくるかなあ。皮むいたら中身残らんやん。しかも、こないぎょうさん。食べきれへんがな」

「……」

「どうして青いとこつけて長ネギ買わへんの? 白いとこだけやったらさびしいやないか」

「……」

「どうして、ぺらぺらに薄く切った新生姜買うてくるかなあ。歯ごたえもなんもあらへんやろ」

「……」

「あんた、買い物が下手やなあ」




(^^;;





 まあ。
 ハブランサスは買い物に行ったわけではなく。
 そのまま咲いているだけなんですが。(^m^)

 サフランモドキという別名がありますが、ヒガンバナ科のハブランサスはアヤメ科のサフランと全く異なるので、その呼び方はあまり使いたくないです。(^^;;

 夏から秋にかけて咲くタマスダレに似ていますが、花はやや横向きに咲き、花期は初夏。
 開花後はしばらく葉を茂らせ、そのあと球根の形で休眠します。





  忘れ草また約束を反故にして

 (忘れ草はノカンゾウやヤブカンゾウなどの総称です)





Hpping Bag Lady by The Guess Who



nice!(79)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 432 撮影二態 [てぃくる]



gr1.jpg
(シマトネリコ)




(1)撮影禁止


「撮影禁止だぞ! 何撮ってんだ! やめろっ!」


 撮るな? どこ撮っても緑しか映らんわ。ぼけ。






gr2.jpg
(ヤマノイモ)




(2)隠し撮り


「何ぃこそこそ隠し撮りしとんね? ごるあっ!」


 隠し撮り? どこ撮っても緑しか映らんわ。ぼけ。





(^^;;






 ええ。
 自分でもどうしてそんなものを撮ったのか、分からないことがままあります。
 まあいいか。






  緑陰や何を食らへど抹茶味







Green Field by Tri4th



nice!(76)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 431 どっちやったかな [てぃくる]


「寝不足や……」

「どないした?」

「いや、考えごとしとったら眠れんようになってん」

「あんたに悩み事なんかあるんかいな」

「いや、悩み事やないんやけどな。信号の青って、向かって右やったかな、左やったかな」

「む……わいも眠れんようになりそうや」

「せやろ?」



ym.jpg

(ヤマモモの果実)




(^^;;






 そんなん当たり前と思っていても、いざ思い出そうとすると分からないってことがありますよね。

 色での識別ができれば、位置関係はもう意識しない。
 人間は、無意識のうちに認識を簡素化する癖があるんです。
 でも、色覚異常の人はそうは行きません。
 上下左右それぞれの位置にきちんと意味を置かないと、判断に危険が伴いますから。

 そんな風に。
 普段当たり前だと思って意識しないことを、ちょこっと考え直してみるとおもしろいかもしれません。

 ……眠れなくなるかもしれませんが。(^m^)





  赤信号点きて芳し李(すもも)かな






Right Now by Van Halen



nice!(70)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 430 昼の提灯 [てぃくる]


「昼に提灯(ちょうちん)下げても、意味ないよな」

「そうかな? 昼行灯(ひるあんどん)とは違うと思うけど」

「中に火が点いてても、誰も気付かんだろ?」

「行灯はな。提灯は違う」

「そうかあ?」

「灯っていてもいなくても、祭りの近いことは分かるからな」



ukt.jpg

(ウキツリボク)





 梅雨間の青空のもと。
 刻一刻近付く盛夏を先取りして、派手な提灯がぶら下がり始めました。





  昼を焚く漁火の如浮釣木






Lantern In The Dark by Michael Gettel



nice!(73)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - てぃくる ブログトップ