So-net無料ブログ作成
てぃくる ブログトップ
前の10件 | -

てぃくる 375 最後の最後 [てぃくる]



mmj.jpg


 ほとんど全ての落葉樹が葉を落としてしまった中で、一本のモミジが見事な紅葉を見せていました。

 他の木と同じに色付いたわけではなく。他の木々が装った頃にはまだ緑で、他の木々の紅葉がピークアウトし、散り始めた頃から一気に赤くなったのでしょう。

 最後の最後に己の美しさを誇っている姿を見ると、いつ映えるのかというタイミングが必ずしも他者と同じでなくてもいいんだと思えますね。

 ただ……。

 画像のモミジが他の木と同様に色付けなかったのは、他の木の下に生えていて、虐げられていたからです。光を十分に受けられなければ、少しでも長く緑の葉を維持しないと生き延びられません。我慢してやりくりしてきて、最後の最後に光を受けられるようになった時には、もう葉の機能が終わり。赤くなったら、あとは散るだけです。

 最後の最後まできりりと赤いモミジを愛でる人間とは裏腹に、モミジの方はもう少し緑でいたかった……と恨み節を漏らしているかもしれませんね。

◇ ◇ ◇

 これが樹木のことであれば自然の摂理ですが、人間の場合はそうはいきません。

 わたしたちは、いろんな理由で下生えの立場にならざるを得ないことがあります。
 そういう立場の方々が何かのはずみで一躍日の当たるところに現れると、長い不遇の時があってこそ今の成功……そういう論調が必要以上に溢れるんですよ。

 いいえ。必ずしもそうじゃない。
 わたしはそう考えます。

 その長い不遇の時は、彼らにとって本当に必要だったの?
 もっと早くに不遇が解消されていれば、彼らが手にできたものはもっと豊かだったんじゃないの?

 結局ね、誰もかれもが、成功した姿……紅葉した姿しか目に入れない。評価しない。
 いいんですかね? それで?

 長い冬に耐えるために、落葉樹はそれまで使っていた葉から栄養を回収したあと枝から切り離します。紅葉は、そのステージの一様態に過ぎません。わたしたちが評価している最後の艶姿。その美醜や価値観は、彼らには何も意味がないんです。

 最後の最後に装うモミジを見上げて。

 ……ふと顔をしかめてしまいました。





 
  散落葉飢へたる鹿は食み歩く







The Fallen Leaves by Dan Gibons Solitudes



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 374 冷たいハート [てぃくる]


あなたの心は冷え固まってしまった

わたしがどんなに温めようとしても

赤く燃え立ってくれない

どくどくと鼓動を刻んでくれない



冷たいハート

誰があなたの心を温められるのだろう

分かっているのは

わたしがもうあなたを温めることができないということ



ym.jpg




「いや、電子レンジでチンすると、ほくほくおいしく召し上がれますが」


(^^;;






ヤマノイモのむかご。
いろんな形のものがあります。
中には、こんなハート型のものも。

すでに地に落ちたむかごのうち、芽を出せるのはほんのわずかしかないそうです。
君は、ハートの葉っぱを出せるようになるかな?






  散り失せし心探して自然薯掘る







Heart's Grown Cold by Nazareth


nice!(63)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 373 糠 [てぃくる]


ビタミンB群を多く含んでいて栄養価が高いのに、どうにもみみっちい評価が多い糠。
ことわざでも、扱いがぞんざいですね。

糠喜び。期待外れのたとえ。
糠に釘。手応えがないことのたとえ。
糠味噌が腐る。ひどい音痴のたとえ。

……これじゃあどうにも糠が浮かばれません。

でもね。
小さくて役立たずに見える糠も、実際には生活の中にしっかり取り入れられてきました。

糠漬けの床。
木材などの艶出し。
筍などのアク抜き。

白米との対比ということでは、確かに見劣りするのでしょう。
でも、糠は糠です。それ自体にちゃんと意味と用途があるんですよね。

動植物の中にもヌカの字がつくものがあり、それは『非常に小さい』という意味合いで使われます。


krk.jpg


ヌカキビ

確かに黍に比べれば、とんでもなく小さな穀粒です。
それでも、そのサイズが彼らにぴったりのサイズであり、わたしたちが大小を論じてもしょうがありません。

動物の方では、ヌカがつくやつで厄介なのがいますね。
はい。ヌカカ(糠蚊)。

うんとこさ小さいですが、こいつに刺されると。

……半端なく痒いです。(T^T)






  夜寒し傘を舐めゆく小糠雨







Minimum by Charlie Cunningham



nice!(70)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 372 大宴会 [てぃくる]


「これだけ大勢おったら、料理が全然足らへんのちゃうか?」

「てか、料理が配膳された気配なんか、最初っからあらへんがな」


「金返せって言うか」


「そもそも金払ってないし」


「どうする? 料理出て来るまで待つ?」


「その前に俺らが料理されそやけど」


「いひひ。俺らくらい身持ちが固けりゃ、誰も食えへんやろ」



srk.jpg


料理なしでもわいわい賑やかですが、実はもう宴会は始まってます。
直径が1メートルを越そうかという樫の伐倒木。
見た目はしっかりしていますが、木材はサルノコシカケの仲間が絶賛お食事中。
しかも、連中は何でも食べるというわけではなく。

リグニンを食べて、材を白く腐らせる菌。
セルロースを食べて、材を褐色に腐らせる菌。
両方ちびちびと食べる菌。
食事客をとっ捕まえて食ってまう菌。

……いろいろいるようです。(^m^)





  ベンチ酒陰口あてに忘年会






Grand Old Party by Timbuk3



nice!(74)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 371 三翼 [てぃくる]


「右翼、左翼、あと一つが中翼でないのはなぜ?」

「翼がどっちかに伸びてないと、どっちにも飛べないからさ」

「じゃあ、左右以外ないわけ?」

「誰かがそれを創出してるようなら、もっとましな世の中になってると思うよ」

「ふうん。なんかつまらないね」

「そう? 翼なんかなくたって生きていけるよ。僕らはもともと翼を持っていないんだし」

「あ、そうか」

「翼がないのに翼があるように振る舞うから、堕ちるってだけさ」




ym.jpg
(ヤマノイモ)



翼は対(つい)。
両翼を揃えてしっかり羽ばたかないと、推力は得られない。

三つ翼があっても、それはうまく使えない。
どれか一つが飛び方を調整できても、推力にはならないからね。

ああ、私には飛ぶつもりなんかないから安心して。
三つ翼があっても、飛ぶのは中のタネだけ。
そして、そいつには一つしか翼がない。

右も左も真ん中もなく、ぐるりが翼さ。
それでも……飛ぶんだよ。





  翼はあれど欲はなく
  欲はあれども翼がない






Never Fly Away by Kari Rueslatten



nice!(73)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 370 枯れ方 [てぃくる]


咲き方に注目する人は多いんですが、枯れ方を見る人はほとんどいません。

どちらも生き物の示す形でありながら。
どのように咲くかをわくわくしながら待たれることはあっても、枯れる頃には注目の的から外されてしまいます。

でもね。

咲き方が一様ではないように、枯れ方も一様ではないんです。



kke.jpg


霜に当たって色を失い、枯れ縮む苔。
でも、その枯れ色は一色ではありません。
青々としている時は緑一色であっても、枯れて初めてとりどりに装います。

さて。
わたしもぼちぼち枯れていくことにしましょう。
様々に装うために。






  青き頃は誰も見ぬのよ枯れ薄







After The Fall by Kodaline



nice!(69)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 369 あんこ玉 [てぃくる]


あんこ玉 一個

食べたらすぐに なくなってしまうから

手のひらの上に置いて 眺めてる

おいしそうだと 思う人と

きれいだなと 思う人と

どっちにも嬉しい あんこ玉

でも

どっちにも物足りない あんこ玉



enk.jpg



エノキの果実。
ちゃんと食用になりますが、何せ果実のほとんどがタネ。
可食部分がほんのちょっとしかありません。

たくさん集めて火を通し、タネを外せば、甘酸っぱい餡風味になるそうです。
まあ……集める以前にほとんど鳥のごはんになってしまいますね。







  群れ騒ぐ鳥去りてのち冬木立








Spheres by Mike Oldfield



nice!(70)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 368 ガス漏れ [てぃくる]


「ん? なんや、えらいくさいな」
「俺は屁ぇこいてへんで」
「何も言うてへんやろ。おまえ、屁ぇこいたんか?」
「ちゃうて!」

「ああ、これぇ、屁ぇの匂いとはちゃうな」
「はあ……せやろ?」
「実の方の匂いや」
「ちゃうがな!」

「どっから匂う?」
「俺ぇちゃうからな」
「そうか? おまえちゃうなら、そこどき」
「いやや」

「なんでやねん」
「俺と匂いがセットで動いたら、くさいのが俺やと特定されるやん」
「やっぱ、おまえやないか!」
「ちゃうがな」

「どこがちゃう?」
「ここが匂うのは確かやけど、俺はそれぇ押さえてるんや」
「おまえどいたらどうなるん?」
「ガス漏れる」

「えらいこっちゃ! すぐガス会社に電話せな」
「せんでええ」
「は? なんでや」
「もう……漏れた」




ぷうううううん

くっさあ!



(^^;;





his.jpg


小さい花ながら、実に存在感のあるハマヒサカキの花。

姿形の存在感ではありません。
花の放つ匂いが、かーなり臭いんです。
どっさり咲くと、どこかでガスが漏れてると騒ぎになることもあるそうな。(^^;;







  ぬか床の匂いも鈍る寒夜かな








Ammonia Avenue by The Alan Parsons Project



nice!(67)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 367 壊れる [てぃくる]



trs.jpg


鬱蒼と茂る照葉樹林。
頭上を隙間なく覆っていた樹冠の隙間から、少しだけ青空が覗いています。

どこにでもある森の中の光景。
そう思われたでしょうか?

実は、ここに隙間が出来たのは本当に久しぶりのこと。
それまでは、ずっと光が漏れ落ちてこない場所だったんです。

今年は台風の当たり年でした。
あまり台風被害を受けてこなかったこの鎮守の森にも容赦なく強風が吹き荒れ、わたしの胴体ほどの太さがある大きな枝が根元から折れて林床に落ちました。
当然、それらの枝葉が覆っていた空間には空きが出来るんです。

わたしたちは被害を受けた林分を見て、それが『壊れた』と感じます。
でも、それは同時に『壊れる』ことを待っていた多くの生物にチャンスをもたらします。

照葉樹林は、一度かっちり出来上がると樹冠下に光を漏らさない暗い森林になります。
光を受けられないと成長できない多くの植物にとって、それは死の空間。
成長どころか生き残るチャンスすらなくなり、下草すら生えません。

でも、チャンスは必ず来るんですよ。
台風や火災、噴火、洪水……。
既存の環境をぶっ壊してしまう天災は、同時に既存の秩序を強制的にデフォルトに戻し、独占者の横暴を許しません。


           −=*=−


今という時間断面だけを見ていると、その時点にあるものが絶対の秩序のように感じることがよくあります。
でも、自然界は破壊と創造を数限りなく繰り返して今の姿になっています。

破壊すらも秩序の一部であり。
破壊し、破壊される我々も、その秩序の一部なのでしょう。

光が漏れ落ちて来るようになった明るい隙間を見上げながら。
同時に、自分の中の破壊と創造をぽつりと見つめます。






  荒神(あらがみ)の腕落ちて尚北の風







Northwind by Hanne Hukkelberg



nice!(74)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

てぃくる 366 綿 [てぃくる]


綿に包まれると暖かい
でも
綿自身は芯から凍えている


綿があると暖かく見える
でも
綿は何を見ても自分より冷たく見える


誰もが側に綿が居て欲しいと願っている
でも
綿は早く解放されたいと願っている




pf.jpg


ベニバナボロギクの冠毛。
ふわふわで、とても暖かそうです。

でも、その毛は種子を暖めるためにあるのではありません。

飛ぶために。
あえて、寒風吹きすさぶ中を飛ぶために。

……あるのです。






  スイッチを入れぬ炬燵の中にゐる







Cotton-eyed Joe by The Chieftains & Ricky Skaggs



nice!(64)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - てぃくる ブログトップ