So-net無料ブログ作成
検索選択

てぃくる 325 えんじゅ [てぃくる]



ej.jpg

「ねえ、おばあちゃん、これって何の花?」

「ああ、それね。枝垂れ槐」


「ふうん、なんか地味ぃ」


「あはは。そうね。まあ、縁起物よ」


「縁起物?」


「そう。中国でも、偉い人が庭に植えたそうだよ」


「うちには、ぜんぜん関係ないじゃん」


「そうね。今は何が何でも出世しろっていう時代じゃないしね」


「こんな地味な木じゃなくて、もっときれいな花が咲く木の方がいいなー」


「あら。あんたも偉くなろうとしてるじゃないの」


「え?」


「気付かないかい?」


「……」


「偉くなるってことは、人を下敷きにするか、誰かに持ち上げてもらうってことさ。黙って偉くなれることはないね」


「それが?」


「あんたは、きれいな花かどうかってところしか見てない。この木がどうしてここにあるのか、それにどういう意味があるのか。何も考えてないでしょ?」


「……うん」


「それは、人のいいところだけちょろまかそうっていう姿勢なの」


「ええー?」


「不本意かい?」


「そりゃそうよ」


「じゃあ、もう少し知ろうとしなさい。その相手が人であっても、この木であってもね」


「どして?」


「表だけを見て判断するってこと。あんたがそうすれば、あんたもそうされるの。それでいいの?」


「いや、それは……」


「でしょ? まあ、いきなり難易度の高い相手でやれなんて言わないよ。まず、このえんじゅから始めればいいじゃない」


「でも、今おばあちゃんに教えてもらっちゃったからなあ」


「何言ってんの。私が言ったのなんか表だけよ」








  花探し腹波打たす夏の蜂







Honey And The Bee by Owl City