So-net無料ブログ作成
検索選択

てぃくる 313 樹下 [てぃくる]


「一つだけ。一つだけ聞かせてもらっていいですか?」
「……なんでしょう」
「なぜ。僕ではだめだったんですか?」
「言わなければいけませんか?」
「踏ん切りたいので」

彼女は樹下に在り。
濃く淡く変化し続ける木漏れ日をそっと見上げた。

「そうですね……」

ざうっ。
一陣の風が、青葉を激しく揺らす。
千々に乱れた木漏れ日が、彼女を斑らに染め直した。

「もしあなたが、わたしをここから連れ出してくれたら。わたしは迷わずあなたの手を取ったでしょう」
「そうなんですか?」
「ええ。でも、あなたはここにいるわたしに恋をした。それなら、わたしはここから出られません」
「……」

彼女の目は、二度と僕を捉えることはなかった。

「さようなら」




msk.jpg
(マンサクの青葉)




彼は失意のうちに樹下を離れ、逃げるようにして走り去った。
残されたわたしは、木下闇に隠すようにして繰り言をこぼした。







お地蔵さんにナンパするバカがどこにおる!



(^^;;







お地蔵さんを勝手に持ち出したら泥棒です。
てか、重くて持ってけへんと思うけど。







  赤べべも水着のごとし地蔵尊








Under The Trees。 by BLVK.