So-net無料ブログ作成
検索選択

三年生編 第65話(2) [小説]

ファンシー系の小物。プリクラのびっしり貼られたパネル。
ぬいぐるみ、アイドル歌手のポスター。
どっちかといえば素っ気ないしゃらの部屋とは、全然カラー
が違う。

「ううー」

「いや、これが当たり前なんだろさ」

「そうなの?」

「自分色に染めたくなるもんでしょ」

「じゃあ。お兄ちゃんの部屋は?」

「変わらんなー」

今度は、実生が僕の部屋にちょこちょこっと入ってきた。

「うわ……」

ちょろっと見たことはあっても、しげしげと見回したことは
なかったんだろう。絶句してる。

「なあんもない。牢屋みたいー」

「ぎゃははははっ!」

思わず馬鹿笑いする。

「中沢先生には倉庫だって言われたなー」

「うん。そんな感じ」

でも、見回していた実生の視線が一点で止まった。
そこから……動かなくなった。

それは。
修学旅行の時に小野さんに撮ってもらった、僕としゃらのス
ナップ。
母さんには見せたけど、恥ずかしいから父さんや実生には見
せてなかったんだ。

「あれって……」

「ああ、修学旅行の時にアマチュアカメラマンの人に撮って
もらったの」

「頼んで?」

「いやあ、いつの間にか撮られてた。コンテストに出したい
からって、了承取りに来たんだ」

「うわあ」

「小さなコンテストだけど、銀賞受賞したって言ってたよ」

「うん……分かる」

じっと見上げていた実生は、その後目を伏せてはあっと溜息
をついた。

「どした?」

「うん? ……いや。やっぱ、お兄ちゃんて、お姉ちゃんの
ものになっちゃうんだなあと思ってさ」

どてっ。
思わずひっくり返る。

「しゃらのものって、なんじゃそりゃ」

「だあってさあ」

「まあ、ガキの頃はずっと実生とセットで動いてたからなあ」

「うん。何があってもお兄ちゃんは隣にいるもんだと思って
たから」

「んなわけねーよ」

はあ……。

「こういう感覚は、父さんも母さんも分からんだろなー」

「あ、そっか」

納得顔で実生が頷いた。

「父さんは一人っ子。母さんの兄弟だって、母さんにとって
はいなかったと同じ。ずっと一人」

「うん」

「だから、兄弟がいなくて一人じゃ寂しいでしょって、考え
たんだと思う」

「そうだよね」

「でも、結局最後は家を離れて、一人になるんだよ」

「ん」

「そうしないと、他の誰かとは暮らせない。新しい世界を作
れない」

「お兄ちゃんは」

「うん?」

「わたしたちを……捨てるの?」

どて。
思わずひっくり返る。

「まーさーかー。そんなことはないさ」

「でもぉ」

ぷうっと実生が膨れた。

「マザコン、ファザコン、ブラコンはまずいよ。いつまでも
親や兄弟には頼れない」

「うー」

「僕らが困った時に家に逃げ込めるのは、僕らがガキのうち
だけさ。そこを抜けたら、逆に考えないと」

「逆?」

「そう。何かあったら僕を頼ってくれって言えるようになら
んとさ。そう言えるようにするためには、一人でちゃんと立
てないと話にならないよ」

「うーん」

実生は、家族が一人欠けるってことが不安なんだろなあ。
今まではずっと先だと思ってたことが、現実のことになって
きたからなあ。



nice!(55)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 55

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。