So-net無料ブログ作成
検索選択

ちょっといっぷく その151 [付記]

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

第58話と第59話を続けてお届けしました。
軽く振り返って、そのあとちびっとアナウンスを。


           −=*=−


第58、59話とも、弓削さん関連のケアの話でした。
巴伯母さんが、森本先生と連携しながら立てたケアプラン。

まあ、大体いっきの想定内だったと思います。
いっきやしゃらは、立場的にはともかく、実際に弓削さんの
ケアに割ける時間やマンパワーがほとんどないんです。

そんなことは、巴伯母さんはよーく分かってます。
でも、だからって、あとはよろしくって放り出さないでよ。
それだけなんですよ。

もちろん巴伯母さんは、弓削さんの手助けが必要な時にいっ
きが絶対に助力要請を拒否しないことは分かってます。
そして、しゃらがいっきのケア参加を割り切って考えられる
くらいオトナになっていれば、短い口頭確認だけで終わり
だったんです。

でも……ちっとも改善してませんねえ。
しゃらの嫉妬癖。(^^;;

いっきは、これまで散々悩まされて来たしゃらの嫉妬癖が、
普通の恋人同士のものとは性質が違うことを見抜きつつあり
ます。
しゃらのは、独占欲に基づくジェラシーっていう単純なもの
のじゃなく、好き嫌いよりもっと奥深くのとても厄介なとこ
ろから出てくるんだってことをね。

いっきはいつもの癖で説教を食らわしましたけど、最後の立
ち位置はちゃんとしゃらの側に持って行きました。
出来ないものは出来ないって、正直に申告するだけでいい。
無理しなくていいよ。僕もそうするから。

いっぱいいっぱいだったしゃらは、いっきのスタンスが自分
のすぐ真横にあることが分かって心底ほっとしたでしょう。
だから、すんなり機嫌を直したんです。

二年生の夏休みの時のような、致命的なトラブルにならなかっ
たこと。それは……。
いっきやしゃらの精神の器が大きくなったからというより、
二人がまだ引きずっている負の遺産をしっかり見据え、そこ
から目を逸らさないで、自分の思考や行動を調整する訓練が
少しずつ実りつつある……そんな感じでしょうか。

それは、さらっと言えるほど簡単なことではありません。
挫折を知らない巴伯母さんが、しゃらの劣等感を甘く見て粗
雑に扱ってしまったことでも分かりますね。
いろんな過去のバイアスは、いくら年を重ねても消えず、性
格に影を落としてしまうことがあるんです。

理想の性格ってのは、どこにもありません。
それを踏まえた上で、自分の穴をどうやって埋めるか。

みんな……苦労しますね。(^^;;


           −=*=−


さて。
このあと、第60話ではいよいよコンテストの審査員による
中庭の実査が行われます。

プロジェクトの面々にとっては晴れ舞台。
ちゃんとプレゼンできるでしょうか?

でも、その前に。
お弁当の在庫が少なくなってきたので、少しばかりお弁当休
暇をいただきます。
数話分の備蓄が出来次第、次の話に戻ることにしますので、
どうかご了承ください。




ご意見、ご感想、お気づきの点などございましたら、気軽に
コメントしてくださいませ。

でわでわ。(^^)/




mts.jpg


「なかなか化石にはなり切れないなー」

「そりゃそうだ。まだ生きてるからな」




  (^^;;




生きた化石っていうのは、ずいぶん失礼な言い方なのかもし
れません、

メタセコイアの新芽がきらきら光っています。
今年も、元気。(^^)



nice!(79)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 79

コメント 2

JUNKO

新芽でも近あに大きいんですね。
by JUNKO (2017-05-30 11:03) 

水円 岳

>JUNKOさん

芽はそれほど大きいというわけではないんですが、開芽す
るとわさわさわさっと葉が広がります。新葉の頃は、みずみず
しくて、本当にきれいですね。(^^)

by 水円 岳 (2017-05-31 00:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。