So-net無料ブログ作成
検索選択

三年生編 第54話(6) [小説]

「でもぉ。五条さん、最初っからお兄ちゃんには冷たかった
よ?」

「そりゃそうでしょ。お兄さんの態度はどう見てもサイテー
だもん。でも、そういう感情的なことじゃ済まなくなったん
だ」

「あ!」

「でしょ? お兄さんのしたことは、間違いなく犯罪行為。
それがどのくらい重いかは関係ないの。本人に自覚がないの
なら、少なくとも家族はその重大さを認識しておかないとな
らないよって。それだけだと思うな」

「そうか。お兄ちゃんが倒れ込んできた時に、わたしたちが
はんぱに手を貸すと、もっと事態が悪くなるってことか」

「そう。それに、このままだとうやむやになりそうなんだよ
ね。それは、まずいんだ」

「え? ど、どういうこと?」

「五条さんはすっごいきつい見通しを言ってたけど、実際に
はお兄さんの起訴は難しいと思う」

「どうして?」

「強姦罪は親告罪。被害者本人がこんな目にあったって訴え
ないと、罪を問えないの」

「ええっ!?」

しゃらは、知らなかったらしい。

「ど、どしてっ!?」

「しゃらは、男に襲われたっていうことを自慢できる?」

ぶるぶるぶるっ!
しゃらが激しく首を振って、否定した。

「とんでもないっ!」

「でしょ? 無理やりやられたってことは、人には絶対知ら
れたくない。恥ずかしいこと」

「……うん」

「法律が、そういう女の人の心情に配慮してるってことな
の。誰かにやられたってことは、やられたその人にしか証明
出来ない。だから捜査や裁判には本人が出ないとならない」

「そんなあ」

ちらちら僕の方を見ていたしゃらが、聞いてもいいものかっ
て感じで口にした。

「ねえ、いっき。なんでそんなことに詳しいの?」

「ゆいちゃんのことがあったからさ。調べたんだ」

「!!!」

「去年の学祭の時、中庭で騒動があったでしょ?」

「うん」

「あの死んだヤクザがべらべらしゃべったから、しゃらはも
うゆいちゃんに何があったかを知ってる」

「……うん」

「だから僕はゆいちゃんのことをしゃらに話せるけど、そう
じゃなかったら、僕はゆいちゃんの事件は誰にも話さない。
黙って墓場まで持ってくつもりだった」

「う」

「そしてね」

「うん」

「ゆいちゃんを襲った連中。高岡と市工の一味」

「うん」

「やつらが補導された時の罪名は、強姦じゃないよ。監禁と
傷害。ゆいちゃんを閉じ込めて、左足を折ったことの罪を問
われたんだ」

「えっ!? じゃあ……」

「輪姦(まわ)されたことは、その中に入ってないの」

「う、うそ……」

しゃらが、絶句してる。

「強姦罪っていうのは、とっても微妙なの。被害者本人の訴
えがあれば、ほとんど有罪に出来るらしいよ。でも、なかな
か立件されない。被害者の心理的負担が大き過ぎるんだって」

「ひどい……ね」

「そう。泣き寝入りになりやすいの。校内で高岡にやられた
女の子だって、一人も名前出なかったじゃん?」

「あ……」

「もし自分が襲われたってことをおおっぴらにされたら、ゆ
いちゃんは学校に行けなくなる。今でもその恐怖に怯えてる」

「……うん」

「しゃらも危ない目にあってるから分かるよね?」

「分かる。わたしも訴えられない」

「でしょ? そして、弓削さんにはそもそも訴える能力がな
い」

「あっ!」

ばっと、しゃらが立ち上がった。

「そ……っか。それじゃあ……」

「そもそも立件出来ないの。弓削さんの代理人が、代わりに
訴えることは出来るらしいけど」

「うん」

「それでお兄さんを罰したところで、意味ないじゃん。被害
者の弓削さんから、何も被害感情が出て来ないんだもん。お
兄さんは、補償も謝罪も出来ないし」

「……」

「だからって、それでいいってことにはならない」

ぐんとしゃらが頷いた。

「五条さんがものすごくきつい言い方で警告を出したのは、
もし不起訴になってもそれで免責になんかならないよってこ
とを、お兄さんとしゃらたちにきちんと伝えるためだと思う」

「そうか……」

「だから、五条さんは法律とは別の重石をお兄さんに乗せる
みたい」

「重石?」

「そう。お兄さんは自分をマシにするつもりがないの。乱暴
じゃないから目立たないだけで、中身がずぶずぶに腐ってる
んだ」

「……」

 


nice!(80)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 80

コメント 2

風来鶏

則弘さん、「箸にも棒にも掛からない」と言うか、「豆腐に鎹」「糠に釘」と言った感じなんですね(^^;;
by 風来鶏 (2017-04-14 07:51) 

水円 岳

>風来鶏さん

コメントありがとうございます。(^^)

自分の弱さをすべての免罪符にしようとする……どうしよう
もありません。(^^;;

何か身体、精神に免罪符が使えるハンデがあれば別ですが、
五体満足の男ですから。(^^;;


by 水円 岳 (2017-04-15 01:34) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。