So-net無料ブログ作成

三年生編 第54話(2) [小説]

「ぜいっ、ぜいっ、ぜいっ……げほっ」

息が乱れたまま、仮住まいのアパートの階段を駆け上がって、
呼び鈴を押した。

「い……っき?」

「どしたっ!?」

きいっ。

小さく軋んだドアの隙間から、ぱんぱんに目を泣き腫らした
しゃらが見えた。
でも、泣いていたのはしゃらだけじゃなかった。
お母さんも……そして、お父さんも泣いていた。
憔悴し切っていた。

「ここじゃ……話出来なさそうだな……」

「う……ん」

僕の部屋じゃ家族がいるから無理。もちろんリドルはだめ。
モヒカン山のてっぺんは、天気のいい日曜は散歩コースになっ
てるから人目に付く。

二人だけで話出来るところを必死に考えたけど、思いつかな
い。
それだけ、僕らは二人の間だけでなく、他の誰にも隠し事な
しでオープンでやってきたんだなって分かる。

「あ!」

「……」

「小野塚のお稲荷さん。あそこなら普段は無人だ」

「うん……ありがと」

しゃらは何度もしゃくり上げながら一度ドアを閉め、しょげ
切ったままゆらっと出てきた。

とても……声なんか掛けられる雰囲気じゃなかった。


           −=*=−


無言のままゆっくり石段を上がって、お稲荷さんの境内に出
る。
無人の社務所の横に小さな木のベンチがあって、そこに並ん
で座った。

まだ時々しゃくり上げてるしゃらの気持ちが落ち着くのを待っ
て、何があったのか聞いてみた。

「どしたん?」

「……」

言い出しにくいんだろう。
しゃらは黙ったまま、数分間ずっと俯いていた。
僕は急かさずに、しゃらが口を開くのをじっと待った。

諦めたように。
しゃらが小声で話し始めた。

「……昨日ね」

「うん」

「グラナーダから帰ってきたら、五条さんが待ち構えてたの」

「へ? しゃらからの報告を聞きに?」

「ううん。弓削さん関係のことは、長友さんから話が行くは
ず」

「じゃあ……別件?」

「……」

こくんと小さく頷いたしゃらが、唇を震わせ、涙を流しなが
ら話を続けた。

「五条さん、すっごいおっかない顔で」

「うん」

「重大な話があるって……」

な、なんだろ?
想像が付かない。

「しゃらにだけ?」

「ううん。うちの家族にって」

「!!! お兄さんのことかっ!」

「……そう」

「何か……やらかしてたん?」

そこで。
我慢出来なくなったように、しゃらが僕に抱きついてわんわ
ん泣き出した。

こんな……こんな悲しそうなしゃらを見るのは。
お祖母さんが亡くなった時以来だった。

事情を聞くっていうより、気持ちが落ち着くまでそっとして
おいた方がいいかな。
そう思って、黙ってずっと肩を抱いていた。

僕の視界の端に、さっきからようこが見え隠れしてる。
本当ならちょっかいを出しに来たいんだろうけど、そういう
状況じゃないってことは分かってくれてるみたいだ。

僕も、そっとしておいてくれって言いたくて、ちょっとだけ
首を横に振った。
ようこは……ふっと気配を消した。

三十分くらい。
しゃらは意気消沈したまま泣き続けた。

それから、手のひらで目を何度か擦って。
重い重い話を……切り出した。

 


nice!(59)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 59

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0