So-net無料ブログ作成
検索選択

三年生編 第53話(20) [小説]

午後三時過ぎに自分の部屋に戻った。

朝から激しく降り続いていた雨は、やっと峠を越えたみたい。
でも、僕の中の雨はずっと土砂降り続きだった。

本当に……気分が滅入る。

弓削さんのことは、ずっと前から分かってたわけじゃない。
いきなり降って湧いた話だ。
しかも、どう見ても学生の僕らには何も出来ない。手伝える
ことがない。

森本先生を始めとするプロの人たちが、弓削さんをどうケア
するかを必死に考えてるんだ。
素人の僕らが出しゃばる筋合いじゃないんだよね。

だから、五条さんや森本先生から手伝ってって言われるまで
は、任せるしかない。
僕らには……何も出来ない。
でも、その何も出来ないってことがこれくらい腹立たしくて、
これくらい苦々しく思えたのは初めてだった。

「……」

僕には一つの予感があった。

どんなに森本先生たちが知恵を絞っても、市の人たちがまじ
めにケアプランを考えても、弓削さんと赤ちゃんを分けない
ことには手も足も出ないだろう。
でも、それはとんでもなくリスクが大きいと思う。

弓削さんと現実を辛うじて繋いでる赤ちゃんを取り上げれば、
弓削さんが壊れてしまうかもしれないからだ。

そして弓削さんと赤ちゃんをセットで看られるかもしれない
場所を、僕は一つだけ知っている。
僕がどうしても頼りたくなくて、でもそこしかないだろうっ
ていう場所を。

「どう……しようかなあ」




zkro.jpg
今日の花:ザクロPunica granatum

 


nice!(81)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 81

コメント 4

kiyo

どこでしょう?
困った時の駆け込み寺と化しているおばさんの処か、いっそ、お寺か?
by kiyo (2017-04-10 14:41) 

水円 岳

>kiyoさん

コメントありがとうございます。(^^)

これまでもいっきやしゃらの危機を何度もフォローして
くれた巴伯母さんを頼るのが、一番確実なんです。でも
いっきは、自分に出来ないからと伯母さんに押し付ける
ことだけは絶対にしたくありません。

絶体絶命の弓削さんのケアを優先するか、伯母さんへの
配慮を優先するか。
いっきはその板挟みになってしまいます。(^^;;

by 水円 岳 (2017-04-11 00:33) 

風来鶏

柘榴、豊川稲荷の門前町の民家の庭で見掛けたかな(^^;;
by 風来鶏 (2017-04-12 08:00) 

水円 岳

>風来鶏さん

コメントありがとうございます。(^^)

日本でも、柘榴は手頃な庭木としてあちこちに植えられて
いますね。果実を口にする人はあまりいないみたいですが。(^^;;

by 水円 岳 (2017-04-14 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。