So-net無料ブログ作成
検索選択

三年生編 第53話(18) [小説]

「もちろん、性格が破綻している親にまともになれっていう
のは、ほとんどの場合、無理。私たちだって、毒親の説得や
指導なんかするだけ無駄だって分かってる。でもね……」

先生が、降りしきる雨の向こうをすっと指差した。

「歪んでしまった親子の間に入って、相手を見るんじゃなく、
自分を見なさいって忠告することは出来る。そのための時間
と場所は、私たちの方で確保出来るの」

自分を見ろ……か。

「例えばね、文香がいい例」

「先輩が、ですか?」

「そう。文香の母親は、決して悪人じゃない。文香の部屋で
説明したでしょ?」

「あ、はい。そうだったなあ……」

「ただ、文香の母親は自分に自信がなくて、オトコに食い物
にされやすい。文香はそのとばっちりを受けてきたの」

「はい」

「それだけじゃない。母親は確かに悪人ではないけど、決し
てほめられた性格でもないの。気まぐれで、場当たり。気分
屋でルーズ。そういう親の下で育てば、子供はどうしてもび
くびくと親の顔色を伺うようになる」

「……」

「文香がピエロになってまで友達を作ろうとするのは、その
弊害なの」

「あっ!!」

しゃらと二人で大声を出しちゃった。

「こわいでしょ?」

「は、はい……」

「あいつは、母親からされた仕打ちを決して許していない。
でも母親の機嫌が直って、自分に当り散らさないようになれ
ば、どうしてもまあいっかって許しちゃう。母親の機嫌は損
ねたくない」

「どうしてですか?」

しゃらが、信じられないっていう顔で突っ込んだ。

「あいつにとって、母親は一人しかいないからよ」

僕もしゃらも。
……俯いてしまった。

「だから、文香には私が再々指導したの。あんたが一人の人
間であるように、あんたの母親も母親である前に一人の人間
なの。だから母親として見る前に、一人の人間として見てあ
げなさい。そうしたら、あんたは楽になる」

「母親だからしてくれて当然、もなければ。母親にはしてあ
げて当然もない。自分の母親であるという事実は動かせなく
ても、それ以外のところは自由に動かせる。それでいいじゃ
ないの……ってね」

「なるほど!」

思わず、ガッテン!

「それで、先輩は母親との同居はしないって言ったんだー」

「そう。どうしても同居家族の間ではお互いのわがままが出
やすくなる。そこに歪んだ親子関係が吹き出しやすくなる。
それぞれの生活をきちんと確保した上で、距離を保っていい
とこだけもらえばいい」

「いいとこ……かあ」

「文香にとっては、経済的、精神的な支えをもらえる安心感。
母親にとっては、娘が充実した毎日を送っているのをいつも
確かめられること」

「親子のトラブルがなくたって、子供はいつか親元から巣立
つんだから、そのレールの上に乗せてやればいい。でしょ?」

「うん。そうですね」

「そっかあ」

しゃらも、納得したみたいだ。

「先生は、先輩のお母さんには会われたんですか?」

「会ってない」

「え!?」

「会うとどうしても責めたくなるからね。この鬼畜がって」

「……」

「それじゃ、台無しになる。親が娘をぶん投げてるならとも
かく、関係改善を望んでいるなら私の出番はないよ。あとは
文香の心の問題だから」

「そっかあ……」

「私が親に会うのは、親の頭に血が上っているケース。子供
の逃避や非行事実を目の前にして、自分はちゃんとやってる
のにどうしてって激怒している親をクールダウンさせる必要
がある場合ね」

なるほど。長崎くんやマカの時なんかがそうだな。
会長や五条さんが、親にきちんと釘を刺してクールダウンさ
せた。すごいなーと思ったんだ。

「親が本当にちゃんとやっていれば、子供は滅多に曲がらな
いよ。子供が非行に走る原因は家庭に、そして親にあること
が多いの。その事実をきちんと親に認識させないと、先に進
めない」

「五条さんの親みたいのは?」

「暴力による過剰支配や育児放棄は、警察の管轄。親の責任
範囲を逸脱したり、育児放棄することは犯罪なの。説得以前
よ」

うん。

「親以前に、人間として最低限の義務も果たせないようなク
ズを、私たちが命がけで説得する義理なんかないわ。そうい
う連中はいずれ檻の中に行く」

「刑務所……ですか?」

「そういう人もいるでしょうね。でも、そうじゃなくたって
ろくでなしは社会には受け入れられない。誰からも忌避され
て底辺で腐るのは、檻の中にいるのと同じよ」

う……。

「彼らは社会から人間ではなく動物として扱われ、それで一
生を終える。自分でそういう生き方を選択したんだから仕方
ないわ」

ぞっと……した。

「そして。そういう腐った生き方は、親から子へ連鎖しやす
いの」

「あっ!」

そ、そっか。

 


nice!(60)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 60

コメント 2

aru

今までお世話になりました。
ありがとうございました。
by aru (2017-04-07 05:21) 

水円 岳

>aruさん

寂しいです。またいつか、どこかで、お会い出来ることを
祈って。

by 水円 岳 (2017-04-07 23:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0